教室・スクール

株式会社中川政七商店の茶道教室『茶論』の稽古予約

CASE

POSレジとの連携や、複雑な料金プラン。困難だった仕組みをカスタマイズで実現し、複数拠点利用にも追加課金がないエクスパンド版で低コスト導入が叶いました。

  • 業務効率化
  • エンタープライズ版

株式会社中川政七商店様

1. 生活雑貨の企画・製造・卸・小売
2. 業界特化型経営コンサルティング
3. 流通サポート「大日本市」
4. 企業のオリジナル商品・ノベルティの製作
5. 茶道具の企画・製造・卸

株式会社中川政七商店様『茶論』茶道教室の稽古予約システム導入事例

お客様は、奈良の地で享保元年(1716)に創業、奈良晒の販売を生業とする商人に端を発し、現在の当主で13代目という歴史を持つ株式会社中川政七商店様(以下、中川政七商店様)です。

近年は日本の工芸品を生活用品に落とし込み、広く親しんでもらう活動を多角的におこなっており、その一環として、「以茶論美」をコンセプトとした、茶道に興味をお持ちの方が気軽に始められる教室・喫茶・茶道具のお店「茶論」(サロン)を立ち上げられました。

POS連携などのカスタマイズに対応できるベンダーが見つからなかったことがきっかけ

「茶論」の立ち上げにあたり、茶道教室の稽古予約システムの情報収集されていたところ、弊社にお問い合わせをいただきました。

中川政七商店様は、既存で利用しているPOSレジとのデータ連携など、複雑なカスタマイズに対応できる予約システムの導入を希望していましたが、なかなか対応できるベンダーが見つからずに困っていたところ、リザベーション・エンジンをカスタマイズすれば対応できるということで、採用を決定いただきました。

複雑な料金計算と複数校舎別の運用をエクスパンド版で課題解決

茶道教室の稽古予約で実現された業務フローは以下になります。

1. 興味のあるお客様は、体験稽古を予約、参加いただく

2. 本格的に始める場合、入会金を支払っていただく

3. 入会金支払い後、チケットを購入できるようになり、チケットを購入

4. 予約カレンダーで空き状況を確認の上、チケットを消費して稽古を予約

5. 稽古を受講

6. 管理側ではチケット購入データをPOSレジに連携

7. 売り上げ、チケット販売・利用履歴、参加状況などを確認し、マーケティングに活用

カスタマイズ対応力とノウハウ、複数拠点対応のエクスパンド版が導入の決め手に

中川政七商店様がリザベーション・エンジンの採用を決めたポイントは大きく2つあります。

1.エクスパンド版を利用することで、複数拠点利用の費用増加を抑えられた

一般的なASPやクラウドの予約システムの場合、システムの利用者(管理者)のアカウントが増えるたびに追加課金が発生したり、予約件数に応じた従量課金が発生しますが、リザベーション・エンジンのエクスパンド版では、校舎別に複数管理者アカウントを発行しても追加課金が発生せず、予約件数による従量課金も発生しないため、費用面で大きなメリットを出すことができた点に大きな評価をいただきました。

2.カスタマイズによる課題解決力と豊富なノウハウ

複雑な料金プランの実現や、既存で利用しているPOSレジとの連携など、実現が困難な要件についてもカスタマイズによる解決策をご提案できたことで、当初お客様が想定されていた以上に運用コスト削減に大きく貢献することができました。 

リザベーション・エンジンが中川政七商店様のビジネスを支えるシステム基盤として大きく貢献

集客したユーザーをスムーズに稽古に誘導することができるようになったため、サービスの向上及び獲得顧客の定着にも成功しました。また運用を考慮したシステムカスタマイズによって、運用面や経理面のオペレーションコスト削減も実現し、ビジネスに大きく貢献させていただきました。

今後も中川政七商店様のビジネス運営を支えるシステム基盤として、リザベーション・エンジンは高品質なサービスを提供してまいります。

教室・スクールの事例