2023.08.23

WordPressに予約システムを導入する方法2つ|主なプラグイン5つも

COLUMN

WordPressに予約システムを導入する方法2つ|主なプラグイン5つも

美容室・エステサロン・クリニックなど、予約が必要なサービスを提供している人のなかには、予約システムの導入を検討している人もいるでしょう。自社のサービス形態や業務内容に合った予約システムを導入することで、顧客の利便性向上や業務効率化など様々なメリットを期待できます。

そこで当記事では、WordPressで作成したWebサイトに予約システムを設置する方法から、代表的な予約システムのプラグイン6選、さらにプラグイン導入の注意点まで徹底解説します。予約システムを導入・活用してビジネスを加速させたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.予約システムとは?

予約システムとは、予約受付・変更・キャンセルといった顧客の予約情報を、クラウド上で一元管理できるツールのことです。予約情報は、登録されている顧客情報とともにリアルタイムで管理でき、予約確定時・変更時・キャンセル時といった各状況に応じて顧客側に自動で通知する機能が備わっているものも多くあります。

予約システムを導入すれば、スタッフが電話やメールで予約受付の対応をしたり、手動で予約状況を確認したりする必要がなく、業務の効率化に大きくつながります。さらに、顧客側は基本的に24時間365日いつでも予約可能となり、待ち時間を軽減できるという点も大きなメリットです。

接客を伴う業種の企業にとって、予約システムは欠かせないツールと言っても過言ではありません。

予約システムとは?主な機能や選び方をわかりやすく解説!

2.WordPressで作成したWebサイトに「予約システム」を設置する方法2つ

予約システムは、WordPressで作成したWebサイトに設置することが可能です。

WordPressサイトに予約システムを組み込む方法には、下記の2点が挙げられます。

  • WordPressプラグインを利用する
  • 予約システムをWebサイトに埋め込む

ここからは、それぞれの設置方法について詳しく説明します。

予約システムの作り方とは?必要なスキルから含めるべき機能まで

2-1.WordPressプラグインを利用する方法

予約システムは、WordPressプラグインを利用することで簡単に実装することができます。

プラグインとは、WordPressで作成したサイトの機能を拡張するためのツールです。さまざまな種類のプラグインがリリースされており、その多くは無料で利用できます。複数の選択肢から選択できることや、設定・カスタマイズの自由度が高いことがメリットです。

しかし、プラグインによっては脆弱性が見つかる可能性があるほか、導入しているその他のWordPressプラグイン同士が干渉して脆弱性が生じる可能性もある点に注意しましょう。

2-2.予約システムをWebサイトに埋め込む方法

プラグインを使用せずに予約システムを設置したい場合は、予約システムをWebサイトに埋め込める「予約システム作成ツール」を利用することとなります。予約システム作成ツールは、WordPressで作成したWebサイトにも埋め込むことが可能です。

予約システムの作成に特化しているツールであるため、プラグインよりも汎用性や機能性に優れている点が大きなメリットです。また、他ツールとの干渉によって脆弱性が生じるリスクも低く、万が一のトラブルに備えたセキュリティ体制も万全となっています。

「リザエン」は、WordPressをはじめとしたあらゆるWebサイトに簡単に埋め込める予約システム作成ツールです。予約・顧客管理はもちろん、決済機能にも対応しており、200業種以上の企業に選ばれています。

3.WordPressで予約システムを作る基本的な手順

予約システム作成ツールであれば、専用のHTMLコードをWebサイトに埋め込むだけで予約システムを設置できます。一方で、WordPressプラグインを利用してWebサイトに予約機能を搭載する場合は、いくつかの手順を踏む必要があることを覚えておきましょう。

ここからは、WordPressプラグインを用いて予約システムを設置する際の基本的な手順を詳しく説明します。

3-1.基本設定

プラグインを活用してWordPressサイトに予約システムを設置したいときは、まず適切なプラグインの選定・インストールが必要です。なお、WordPressサイトをまだもっていないという場合は、WordPressの用意から始める必要があります。

プラグインは、WordPressのダッシュボードに表示されている「プラグイン」から「新規追加」をクリックすることで、チェック・インストールできます。選んだプラグインをインストールしたあとは「有効化」をクリックして、下準備を完了させましょう。

その後、インストール・有効化したプラグインの設定画面を開き、予約フォームの項目をはじめとした必要な情報を入力すれば、WordPressプラグインを利用した予約システムの土台が完成します。

3-2.フォーム・メニューの作成

予約システムに関するWordPressプラグインの土台づくりが完成したら、次に顧客側に表示される予約フォーム・メニュー画面を作成していきます。ユーザーが気軽に予約できるよう、予約カレンダー・予約フォーム・予約完了画面の3種類を作成しましょう。

予約カレンダーはカレンダー表示のショートコートを埋め込むのみとなるため、WordPressサイト内の既存ページに埋め込むか、新たに固定ページを作成するかのどちらでも問題ありません。予約フォームと完了画面は、予約者であるユーザーの使い勝手を考慮してなるべく固定ページを作成することが望ましいです。

3-3.動作確認・システム管理

予約フォーム・メニューを作成し、予約受付を有効にしたあとは、正しく動作するかどうかを調べるために動作確認をします。予約システム用のカレンダーやフォームから実際に申し込んだのち、受付完了メールが届けば、正しく設置されています。

また、予約システムの動作を確認するだけでなく、システム管理を行うことも大切です。自動化されているとは言え、抜け漏れやエラーが発生する可能性はゼロではありません。WordPress予約システムを正しく使いこなすためにも、徹底した管理体制を構築しておきましょう。

4.WordPressの主な予約システムプラグイン6つ

WordPressの予約プラグインは、それぞれで特徴・機能や得意とする業界が異なるため、自社の目的や業務状況に合ったプラグインを比較検討して選ぶことが重要です。

ここでは、WordPressで作成したWebサイトに活用できる予約システムのおすすめプラグインを、厳選して6つ紹介します。WordPressにあるプラグインで予約システムを導入したい人は、プラグインの選定に役立ててください。

4-1.MTS Simple Booking

MTS Simple Bookingは、名前の通りシンプルな操作でさまざまな業界・業種の予約システムを構築できるプラグインです。予約の仕組み・流れは、一般的なカレンダーで日時を指定する方式となります。

操作や設定がシンプルな反面、カスタマイズ性が低く複雑な予約システムには不向きですが、細かい機能を求めない場合には非常におすすめのプラグインです。汎用性も高く、一般的な予約システムであれば、多くの業種で活用できます。

予約システムを使ったことがない人のファーストチョイスとしておすすめであるため、ぜひ試してみてください。

4-2.Booking Package

Booking Packageは、サロン・教室・宿泊施設など、様々な種類のオンライン予約を受付・管理することができるプラグインです。日本語にも対応する管理画面はシンプルで扱いやすく、直感的な操作で導入・設定・運用を行うことができます。

無料プランと有料プランがありますが、無料プランでも一般的な予約管理用途であれば十分に活用することが可能です。有料プランにアップグレードすると、予約管理機能に加えてオンライン決済システムも利用できます。

Booking Packageは、数ある予約システムのプラグインのなかでも、扱いやすさと汎用性の高さが魅力的です。そのため、プラグイン選びに迷った場合や他のプラグインでは用途を満たせない場合、難しい設定が分からない場合には、非常におすすめのプラグインと言えます。

事前決済の導入メリット3つ|押さえておくべき注意点と選び方

4-3.Salon Booking

Salon Bookingは、Web上からの美容室の予約受付・予約管理を想定して作られたプラグインです。このプラグインの優れている点は、美容室予約で重要なクーポン利用の予約や、会員登録していない人からの予約に関する機能が充実している点です。

シンプルで扱いやすく設定も簡単であるため、美容室を営む人がはじめて予約システムを導入する際には非常におすすめのプラグインと言えます。

また、エステサロン・ネイルサロン・小規模クリニックなど、美容室と予約業務の性質が似ているビジネスにも活用できます。

4-4.Events Manager

Events Managerは、設定項目が多くカスタマイズ性に優れた非常に多機能なプラグインです。設定方法・カスタマイズ方法はやや難しいですが、細部に至るまで細かく設定することができます。また、機能面だけではなく、デザイン面のカスタマイズを行うことも可能です。

Events Managerは、カスタマイズ次第で高い汎用性と機能性を持つ予約システムを構築できるため、業界・業種を問わず活用できます。こだわった予約システム構築を求める人にもおすすめです。

利便性・実用性ともに評判の高いプラグインであるため、機能の豊富さを重視する人はぜひ導入を検討してみてください。

4-5.Amelia

Ameliaは、簡単な操作で直感的に予約システムを導入できるプラグインです。無料版でも実務上十分な機能を利用でき、有料版にすると決済機能を付加することができます。

Ameliaでは、「カレンダー」「イベント」という2種類の予約方法を選択することが可能です。飲食店のように一度に大量の予約を処理することは不向きですが、美容室・コンサルタント・士業など、対面ビジネスでの予約に適しており、実際の導入事例も多くあります。

無料で気軽に導入できるため、予約システムの導入を検討しているスモールビジネスのオーナーは、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

4-6.WooCommerce

WooCommerceは、WordPressで構築したサイトをECサイトとして構築するためのプラグインです。WooCommerceに加えて「Booking & Appointment Plugin for WooCommerce」というプラグインを導入すれば、実店舗の来店予約やイベント予約に役立つ予約システムを導入することができます。

Googleカレンダーと同期した予約管理機能やリマインダーメールの自動送信機能はもちろん、商品・サービスにおける予約上限数の設定機能なども備わっており、ネット上でも商品を販売している飲食店・アパレル・サロンには特におすすめと言えるでしょう。

WooCommerceは無料プラグインですが、Booking & Appointment Plugin for WooCommerceは有料プラグインであり、3種類のライセンスから適切なものを選ぶ形となります。適切なライセンスは導入ニーズによって異なるため、利用シーンや管理方法を明確にしたうえで検討するとよいでしょう。

WooCommerceで予約機能を導入する方法|WordPressで使えるツールも

5.WordPressのプラグインを使って予約システムを作る場合の注意点

WordPressプラグインを活用した予約システム導入は、その気軽さが大きなメリットです。しかし、プラグインの入れすぎや他プラグインとの干渉により、Webサイトが重くなったり動作不良を起こしたりする場合があるため注意が必要です。

また、WordPressプラグインは無料で利用できるものの、プラン料金が必要な有料の予約システムツールと比較して機能が限られやすくなります。複雑な予約体系であったり、こだわりの機能を取り入れたかったりする場合には対応できない可能性があることに注意してください。

加えて、予約システムツールであればサポート体制が整っている一方で、WordPressプラグインは定期的なアップデートやトラブルシューティングを含む管理を自社で行わなければなりません。

システム上の問題を回避しつつ、高機能な予約システムを導入するためには、予約システムの埋め込みを検討することをおすすめします。プラグインよりも高機能で堅牢なシステムが多く、信頼性の高い予約受付・予約管理を実現することが可能です。

6.WordPressに予約システムを導入するなら「リザエン」がおすすめ

Webサイトに埋め込むタイプの予約システムは、上場企業から中小企業まであらゆる企業で活用されている「リザエン」がおすすめです。200種類以上の業種に対応している高い汎用性を誇り、予約受付・予約管理・スケジュール管理・顧客管理・決済対応など、ワンストップで行えます。

また、予約者情報や日程・時刻といった予約データはリアルタイムで更新されており、検索・登録・変更・確認など高い機能性と柔軟性を有しています。そのため、従来の予約システムで起こりがちなダブルブッキングのリスクを防ぐことが可能です。

Webサイト埋め込み型の独立したシステムであるため、複数のプラグインの競合によるシステムの問題も回避できます。高レベルでの顧客利便性向上や予約業務効率化を図りたい人は、「リザエン」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

予約システムは、顧客の予約情報をクラウド上で一元管理できるツールです。WordPressサイトに予約システムを組み込む方法には、WordPressプラグインを利用する方法と予約システムをWebサイトに埋め込む方法の2つが挙げられます。

WordPressプラグインの活用は、自分でシステムを作成するよりも簡単に予約システムを導入できる一方で、機能性が限られたり、動作不良といった万が一のトラブルに自社で対応しなければならなかったりと、いくつかの注意点もあります。

WordPressプラグイン特有のデメリットを払拭したい人や、より高精度な予約受付・予約管理を行いたい人は、Webサイトに埋め込むタイプの予約システムがおすすめです。

予約業務をIT化することは、ビジネスの加速に大きく貢献します。予約管理システムの導入を検討している人は、自社の状況を踏まえて、システムを比較検討しましょう。

予約システムについてもっと知りたい方はこちらをチェック!

 

本コラムを読んでご興味をお持ちいただけましたら、ホワイトペーパーをご確認下さい。
様々な検討ステージのお客様に向けて、幅広く知識やノウハウをまとめた資料をご提供いたします。