2022.02.25

【フットサルコート】予約システムに必要な機能と人気システム5選

COLUMN

【フットサルコート】予約システムに必要な機能と人気システム5選

子どもから大人まで幅広い人が楽しめることから、フットサルは人気が高いスポーツの1つです。一方で経営者側からすると、利用者が短時間で入れ替わるため、管理が大変だと言えます。そのため、「フットサルコートの予約管理を効率化させたい」と悩んでいる経営者は少なくありません。

そこで当記事では、フットサルコートの予約管理を効率化させるためにおすすめの「予約システム」について解説します。人気の高いシステムも取り上げるため、ぜひ参考にしてください。

1.【フットサルコート向け】予約システムに必要な4つの機能

フットサルコートが予約システムを導入する場合は、自社にとって必要な機能が備わっているシステムを選択することが重要です。ここでは、フットサルコート向けの予約システムに備わっていると望ましい4つの機能を紹介します。

●リアルタイム更新機能

予約の重複をなくすために、リアルタイム更新機能がある予約システムがおすすめです。人気の高い土日や祝日は予約が集中するケースが多いため、予約管理が煩雑化し、重複予約が起こりやすくなります。

重複予約が起こると、お客さんに時間帯の変更またはキャンセルをお願いしなければならないため、自社の信用を下げることになります。リアルタイム更新機能が備わっていれば、お客さんの予約が自動でシステムに反映され、重複予約を防止できる上に、信頼を保つことが可能です。

●施設タイプ別予約管理機能

自社に合ったシステムを導入するために、施設タイプ別予約管理機能が備わっているかも確認してください。施設タイプ別予約管理機能が備わっていれば、体育館やテニスコート、サッカー場など、ほかのスポーツ施設も同時に予約管理できます。

対象施設だけの利用日や利用人数をすぐに確認できるようになるため、フットサルコートだけではなく、ほかのスポーツ施設を併設している場合は、必要性が特に高い機能です。

●事前アンケ―ト機能

フットサルコートだけではなくフットサル教室などのイベントを実施している場合は、事前アンケート機能が備わっているか注目することがおすすめです。お客さんからのアンケートを予約時に取っておけば、事前に要望を把握してイベントに反映させられます。お客さんの満足度が向上し、集客や売上につながる点もメリットです。

●予約枠の抽選機能

人気が高いフットサルコートでは、予約が先着順にすぐ埋まってしまうため、いつも同じお客さんばかりが利用している状況になる可能性があります。個人利用・団体利用の両方に対応し、公平性を保ちたいと考えている場合は、予約枠の抽選機能を設けることがおすすめです。

特に、健康・教育目的で高齢者や子どもを優先したい場合や、文化活動での施設利用が多い場合は、優先枠を設置したほうがよいでしょう。

2.フットサルコートが予約システムを導入する手順

予約システムを効果的に導入するには、下記3つのステップを丁寧に踏む必要があります。

(1)ニーズの検討

自社に最適な予約システムを導入するためには、お客さんが持つニーズの検討が欠かせません。お客さんが求めるものを明確にすることで、「どのような予約システムが必要であるか」を正確に判断できます。

たとえば、団体利用が多いのであれば、事前決済機能がある予約システムを導入することで、お客さんの間で当日お金を取り扱う手間がなくなり、満足度が向上するでしょう。ニーズに沿って予約システムの導入・運用を進めるために、検討してください。

(2)資料請求・相談

ニーズを満たせそうな予約システムを探し、資料請求や相談を行います。多くの場合、予約システムのホームページに運営会社の連絡先が記載されているため、電話やメールなどで問い合わせてください。資料を確認して導入に前向きになった場合は、機能の詳細や予算などの細かい内容を、予約システム会社の担当者に相談しましょう。

(3)トライアル・設定作業

予約システムの多くは、実際に導入する前に一定期間のトライアル利用を行えます。自社に合っているかどうかを慎重に判断するために、トライアルはなるべく行い、「自社に合っていない」と感じたら、ほかの予約システムを検討してください。

実際に導入を決めたら、機能やデザインの設定作業を実施します。検討したニーズや、自分たちにとっての使いやすさなどを踏まえて、最適な予約システムとなるよう設定してください。

3.【フットサルコート向け】予約システム5選

フットサルコート向けの予約システムには、さまざまなサービスがあり、機能性や操作性、サポート内容などの特徴が異なります。自社にとって最適な予約システムを導入するためには、各システムの比較検討が重要です。

ここでは、フットサルコートの運営におすすめの予約システムを5つ紹介します。

3-1.eReserve

【eReserveの特徴】

  • ・テンプレートを選ぶだけで予約システムを作成できる
  • ・シンプルであるため誰でも簡単に操作できる
  • ・利用開始当月の基本料金が無料である

eReserveは、事前に用意された100種類以上のテンプレートから選ぶだけで、簡単に導入できる予約システムです。デザインはシンプルで直感的に操作できるため、予約システムの操作になれていない場合にも適しています。

利用を始めた最初の月は、基本料金が無料となる点も魅力的です。「なるべく安く予約システムを導入・運用したい」と考えている場合にもおすすめできます。

出典:eReserve

3-2.ChoiceRESERVE

【ChoiceRESERVEの特徴】

  • ・4,000件を超える導入実績がある
  • ・顧客情報も管理できる
  • ・導入後も運用をサポートしてくれる

ChoiceRESERVEは、2010年の提供開始から現在までで、官公庁や大企業などを中心に4,000件を超える導入実績を誇っています。予約情報だけではなく顧客情報も管理できるため、フットサル利用者の傾向やニーズの把握に役立てることが可能です。

導入時だけではなく、その後の運用にあたってもサポートしてくれるため、自社に運用ノウハウが蓄積されていなくても安心して利用できます。

出典:ChoiceRESERVE

3-3.SuperSaaS

【SuperSaaSの特徴】

  • ・予約システムを自社でカスタマイズできる
  • ・維持費用を抑えられる
  • ・PayPalによるオンライン決済機能が備わっている

SuperSaaSは、自社でのカスタマイズを前提とした、セルフ型の予約システムです。そのため、料金が低く設定されており、フットサルコートの管理費やスタッフの人件費に予算を充て、予約システムのコストは抑えたい場合でも、気軽に導入できます。オンライン決済機能が備わっており、支払い受付業務を効率化できる点も魅力的です。

1か月間の無料版が用意されているため、まずは自社に合っているかどうかを確認するとよいでしょう。

出典:SuperSaaS

3-4.STORES 予約

【STORES 予約の特徴】

  • ・初期費用無料で導入できる
  • ・アンケートをカスタマイズできる
  • ・お客さん向けのアプリから簡単に予約できる

STORES 予約は、初期費用無料で手軽に導入できる予約システムです。アンケート機能は、最大20項目まで自社で自由に設定できるため、お客さんの要望やニーズを多角的に把握できます。お客さんは専用の会員アプリ「Coubic」を使用し、スマートフォンやパソコンからインターネット予約できるため、オンラインで予約を完結させたい利用者に対応できる点がメリットです。

出典:STORES 予約

3-5.リザエン

【リザエンの特徴】

  • ・柔軟なカスタマイズが可能である
  • ・サポート体制が充実している
  • ・高度なセキュリティ管理を実現できる

リザエンは、高度なカスタマイズ性とセキュリティ性が魅力の予約システムです。標準機能で不足する部分は、カスタマイズ開発によって補うことができます。そのため、ほかの予約システムでは盛り込めなかった機能もリザエンであれば導入が可能です。

また、24時間365日の監視体制によって、不正アクセスなどのセキュリティ上の問題に対応できます。予約システムの導入に際して、大切なお客さんの情報の管理に不安を感じている人でも、安心です。費用については、予約成立数に合わせた従量課金制となっているため、システム維持費用を大幅に節約できます。

出典:リザエン

まとめ

フットサルコートの運営にあたって予約業務を効率化させるためには、「予約システム」の導入が効果的です。「リアルタイム更新機能」や「施設タイプ別予約管理機能」など、フットサルコート向けの機能を確認しながら、3つの手順を踏んで最適なシステムを導入してください。

なお、予約システムにはさまざまなシステムがあるため、特徴の比較検討が重要です。「リザエン」など、フットサルコート向け予約システムの特徴を比較した上で導入し、ぜひ自社の予約管理を効率化させてください。

予約システムについてもっと知りたい方はこちらをチェック!

 

本コラムを読んでご興味をお持ちいただけましたら、ホワイトペーパーをご確認下さい。
様々な検討ステージのお客様に向けて、幅広く知識やノウハウをまとめた資料をご提供いたします。