工場見学・施設見学

株式会社崎陽軒の工場見学予約システム

CASE

予約受付から駐車場の在庫管理まで一元化。電話回線がパンクするほどの電話対応も不要になり、効率化を実現できました。

  • 業務効率化
  • エンタープライズ版

株式会社崎陽軒様

1. 鉄道旅客用及び一般食料品の製造加工及び販売
2. 旅客用雑貨の販売
3. 前各号に関する受託販売
4. 飲食・喫茶及び宴会場の経営
5. 不動産の賃貸借及び売買
6. 前各号に付帯する一切の業務

株式会社崎陽軒様 横浜工場の工場見学予約システム導入事例

お客様は、神奈川県横浜を中心に『シウマイの製造販売』『レストラン経営』などの事業を展開する株式会社崎陽軒様(以下、崎陽軒様)です。

1908年の創業以来、『真に優れたローカルブランドをめざす』『常に挑戦し「名物名所」を創りつづける』『食をとおして「心」も満たすことをめざす』を経営理念として、横浜の地で挑戦し続けておられます。

今回は株式会社富士通マーケティング様を通して、工場見学予約システム導入のご相談をいただきました。

電話回線がパンクするほど人気の工場見学。お客様からの『Web予約』要望と崎陽軒様の業務効率化が課題

崎陽軒様では、横浜工場の見学予約をおこなわれており、常に3ヶ月先まで満席の状態が続くほど人気となっていました。

従来は見学希望のお客様からの予約を電話のみで受け付けており、受付開始直後には、4本の電話回線がパンクするくらい電話が殺到し、わずか2時間程度ですべての枠が埋まりきってしまう状態が続いていました。

また、以前は電話で受付し、変更・キャンセルも電話で対応していたことに加え、予約の『空き』や駐車場の在庫管理も表計算ソフトを使って対応していたために、予約管理の運用に大きな負担がかかっていたことも大きな課題となっていました。

見学希望のお客様からの『Web予約』への強い要望もあり、2017年8月の弁当製造ライン新設と、工場見学のリニューアルに併せて、システム化を検討されていました。

予約はWebに一本化、操作に不慣れなお客様にも配慮し、抱える課題を一挙解決

崎陽軒様では、抱えていた課題を以下のようなアプローチで解決を図りました。

見学希望のお客様の予約受付をWebのみに一本化

見学希望のお客様は原則Web予約からの受付のみとし、変更やキャンセル等の対応もシステムからおこなえるようにしました。

また、細かな調整が発生した場合は、崎陽軒様の運用担当者が管理画面から修正や変更をおこなえるようになっています。

Web操作に慣れていないお客様に配慮したシステム設計

普段あまりインターネット予約に慣れていないお客様が、慣れているお客様と比べて予約登録完了までの操作時間で不公平がおきないように配慮したシステムを目指しました。

始めに日付と人数を入力したタイミングで『空き』の確認をおこない、『空き』があれば仮予約として枠を確保します。そのあとは、ゆっくり利用者情報(名前や電話番号等)を入力してもらえるように、段階的に『空き』枠の確認と確保をおこなう仕様で設計・カスタマイズをおこなっています。

駐車場や車いすを利用されるお客様にも配慮。在庫を一元管理 見学希望のお客様が車で来られることも多く、駐車場の在庫も予約システムで一元管理しています。

また、車いすを利用されるお客様にも安全・快適に工場見学していただくために、予約枠の計算に考慮されるようにカスタマイズを施しています。

コストパフォーマンスと豊富な導入実績、完成形をイメージできたことが導入の決め手に

スクラッチ開発、他社製品など、多数の選択肢があるなかで、『リザベーション・エンジン』導入の決め手となったポイントは5つあります。

1.高いコストパフォーマンス スクラッチ開発の自由度とパッケージ製品の標準機能充実度を兼ね備え、納得感のある価格で高いコストパフォーマンスを実現している点

2.豊富な機能とカスタマイズ性 工場見学の予約管理をおこなうのに必要な機能を標準機能で備え、崎陽軒様の課題を解決するのに必要な独自要件もカスタマイズで対応できた点

3.導入実績が豊富でベースパッケージがあるので完成イメージがしやすい 製品のデモをあらかじめ確認することができたため、導入前でもシステムの完成形、導入イメージを持てた点

4.サービスの安定性 信頼あるクラウド基盤上で運用することと、大手企業にも豊富な導入運用実績があり、安定したサービス提供が可能と感じた点

5.独自の予約サービスとして提供・運用できる 競合サービスでは、他社の予約ポータルサイトへの会員登録が必須であったり、広告宣伝が入るなど、さまざまな制約の上で利用しなければならないケースがあったが、リザベーション・エンジンではそういった制約もなく、崎陽軒様独自の予約サービスとしてお客様に提供可能であった点

システムの導入で本来の業務に注力。予約情報を活用できるように

 2017年7月21日、専用予約サイトがオープンし、予約受付が開始されました。

崎陽軒様の横浜工場弁当製造ライン新設に伴う工場見学リニューアルということもあり、多数のメディアに取り上げられ、注目が集まる中での運用スタートとなりました。

オープン後、かつての電話予約では対応しきれないほどの予約申し込みがありましたが、システム導入、安定稼働によって大きなトラブルもなく、受付を円滑に行うことができました。

それにより、崎陽軒様の工場スタッフの方々も、お客様に『安全・安心なものづくり』を知っていただくという本来の工場案内業務に注力いただくことができました。また、システムの導入によって、さまざまな情報を数値データとして『見える化』することができました。

例えば、キャンセル待ちの予約を受け付けることで、『工場見学に行きたいが、予約が埋まっていたために行けなかった人』がどれだけいるかが数値化され、『潜在的な見学希望のお客様の数』を把握することができます。これらの数値データを活用した施策の検討ができるようになったことも大きなメリットになっています。

工場見学における予約管理業務の効率化実現だけでなく、予約情報の活用基盤の役割も担うため、『リザベーション・エンジン』はその拡張性とノウハウを活かして今後も崎陽軒様の工場見学を強力にサポートしてまいります。

工場見学・施設見学の事例